Sun's Camp

家族で過ごす1日キャンプにおすすめのテントを紹介します。

子供を連れて家族3〜4人でキャンプに行くときには、少し大きめのテントがおすすめです。ピッタリサイズだと窮屈ですし、大きすぎると邪魔で設営が面倒ですよね。子供は自由に寝返りするものの、親はそれを我慢するのも嫌なはず。この記事ではそんなファミリー層に向けて、おすすめのテントをご紹介します。

子連れ家族におすすめのテントはこれだ

ドーム型テントの代名詞とも言うべく人気ロングセラーモデルですが、2021年はさらに使いやすく進化した新モデルも登場! より設営をスムーズにしてくれるアシストクリップや、強風を防ぐアルミフレームが採用されています。 インナーテントとグランドシートがセットになったスタートパッケージは数量限定。現在(2022/2/20)予約受付中のようです!

このテントがファミリー向けにおすすめな理由は、ドーム型であること

ドーム型テントとは、インナーテントという内側に立てるドーム型のテントに、フライシートをかけて使用するテントのことを言います。 写真のテントはドーム型テントで、フライシートの方が多少大きいため、前室部分が広い「ツールームテント」というタイプです。 インナーテントで眠ったり休んだりと過ごし、前室には荷物を置いたりイスやテーブルを置いて過ごすこともできます。 このテントには「ひさし」もあるので、ひさしの下で過ごしています。 前室部分にはレジャーシートを敷いて「お座敷スタイル」でゆっくり過ごすのも流行していますよ。 ドーム型テントはポールの本数が多く、フライシートも大きいため、収納したときの重さや大きさが難点。 ですが車で移動したり、ファミリーならさほど問題にならないでしょう。

ドーム型なら雨が降っても問題なし!

また、キャンプはアウトドアなので、お天気が急に変わることも。 雨の日は、前室のあるドーム型テントなら雨宿りができ、インナーテントの中も出入りによる濡れを防ぎます。 ワンポールの場合、前室がないものが多いので、雨の場合の出入りは内側がびしょ濡れになることも多くありました。 そのため、タープを別に用意しなくても、このテントひとつで過ごすことも可能です。

関連記事一覧 RELATEDPOSTS

2021.4.5

キャンプに持って行きたい大音量スピーカー!大自然で楽しむ

せっかく誰もいないキャンプ地に来たなら、大音量で音楽を楽しみたいもの。そんなあなたへ

View Details
2022.2.7

夢見る!キャンプに持って行きたい大音量スピーカー!大自然で楽しむ #4

せっかく誰もいないキャンプ地に来たなら、大音量で音楽を楽しみたいもの。そんなあなたへ

View Details
2022.2.7

テスト!キャンプに持って行きたい大音量スピーカー!大自然で楽しむ

せっかく誰もいないキャンプ地に来たなら、大音量で音楽を楽しみたいもの。そんなあなたへ

View Details
2022.2.7

キャンプに持って行きたい大音量スピーカー!大自然で楽しむ #9

せっかく誰もいないキャンプ地に来たなら、大音量で音楽を楽しみたいもの。そんなあなたへ

View Details
2022.2.7

キャンプに持って行きたい大音量スピーカー!大自然で楽しむ #8

せっかく誰もいないキャンプ地に来たなら、大音量で音楽を楽しみたいもの。そんなあなたへ

View Details
2022.2.7

これだ!キャンプに持って行きたい大音量スピーカー!大自然で楽しむ #11

せっかく誰もいないキャンプ地に来たなら、大音量で音楽を楽しみたいもの。そんなあなたへ

View Details
2022.2.7

キャンプに持って行きたい大音量スピーカー!大自然で楽しむ #5

せっかく誰もいないキャンプ地に来たなら、大音量で音楽を楽しみたいもの。そんなあなたへ

View Details
2022.2.7

キャンプに持って行きたい大音量スピーカー!大自然で楽しむ #2

せっかく誰もいないキャンプ地に来たなら、大音量で音楽を楽しみたいもの。そんなあなたへ

View Details
2022.2.7

キャンプに持って行きたい大音量スピーカー!大自然で楽しむ #6

せっかく誰もいないキャンプ地に来たなら、大音量で音楽を楽しみたいもの。そんなあなたへ

View Details